×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チャンタ系の役
そろそろ難易度の高い役が登場してきます。

今回はヤオチュウ牌に関する役を見ていきましょう。
ヤオチュウ牌についてはこちらこちら

まずはチャンタから
〜チャンタ〜
・「ポン・チー・カン」しても有効
・2翻、食い下がりで1翻
・すべての面子・雀頭にヤオチュウ牌が含まれていると成立

食い下がりについてはこちら

正式名称は全帯ヤオ(チャンタイヤオ)、ヤオに該当する日本語の漢字はありません。
チャンタは以下のようなものです。


上の図はあがりの形になっていますが、
すべての面子や雀頭に字牌か数牌の1、9が使われているのがわかりますね?

ヤオチュウ牌を使わずに面子をそろえるタンヤオと違って、
チャンタは難易度が高く、難しいです。
しかもその割に点数低いです
また、どうしても数牌の4〜6の、ど真ん中の牌を捨てていくことになるので、
相手にもばれやすいです。

結構かっこいい役なんですけどねえ・・・ 狙っても報われない感じがします

次はジュンチャン
〜ジュンチャン〜
・「ポン・チー・明カン」をしても有効
・3翻、食い下がりで2翻
・すべての面子・雀頭に数牌の1,9が含まれていると成立

正式名称は純全帯ヤオ(ジュンチャンタイヤオ)。以下のようなものです。


チャンタで字牌を使わなければジュンチャンになります。
やはり難易度が高く、ばれやすいです

面前でそろえると、すごく・・・かっこいいです・・・

そして混老頭
〜混老頭〜
・「ポン・チー・明カン」しても成立
・2翻、食い下がりなし
・面子、雀頭をすべてヤオチュウ牌だけで構成すると成立

読み方は「ホンロートー」 ポン・チー・明カンしても点数は下がりません。

このようにそろえると混老頭です。すべての面子がヤオチュウ牌だけで構成されています。
役の性質上、この後で紹介するチートイツ・トイトイホー(特に後者)に絶対に絡むので、
ホンロートイトイなどと呼ばれ、実際は4翻になります。

おぉ・・・ うつくしい・・・

その5に続く

もどります
トップページへ