×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カンに関する役


今回はカンに関する役。
ここで紹介する役も珍しい部類に入りますね。

どうでもいいけど「よく使われる役」なのに珍しいってなんかへんですなw
ルールとしてはよく採用されるけど、実際にそろえようとするとなかなか・・・というだけです。

さあみてみましょう。
〜リンシャンツモ〜
・「ポン・チー・明カン」しても有効
・1翻
・カンをしたときにツモった牌でツモあがりすると成立

カンについてはこちら
カンをしてからツモる牌のことをリンシャン牌といいますが、
その牌でツモあがりすると1翻もらえるよ〜 という役です。
そんなにねらうような役ではないですね

〜サンカンツ〜
・「ポン・チー・明カン」しても有効
・2翻、食い下がりなし
・自分1人で3回カンをすると成立

これもあまり狙ってあがることはないですね〜
というか僕はこのサンカンツとかであがったことはないですw
サンカンツは以下のようなものです。
    

カンを3回してますね?これでサンカンツ成立です。
暗カン・明カンは問いません。とにかく3回カンすればOKです。
上の図の場合はトイトイホーも複合しているため、
サンカンツ2翻+トイトイホー2翻=合計4翻になります。

〜チャンカン〜
・「ポン・チー・明カン」しても有効
・1翻
・自分の待ち牌を誰かが小明カンしたら成立

この役を紹介するべきかどうか1時間ほど悩みましたw
ぜんぜん見かけない役です。このあとで紹介する役満のほうが頻度が高いです。
それほどこの役であがることはないので、別に知らなくてもいいんじゃないかな〜とw
しかし、ルールとしては採用されるので、一応触れておこうかと。

あなたの手が以下のようなものであるとします。

待ちはですね?
そして、あらかじめ他の3人のうちの誰かがを小明カンしたとしましょう。
すると、あなたはそのときロンあがりすることができます。これがチャンカンです。

小明カン限定ですよ?暗カンや大明カンではだめです。
上の例はチャンカン1翻+チャンタ2翻=合計3翻になります。

もどります
トップページへ