×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

点数分配
点数について

今回は、ロンあがりおよびツモあがりしたときに
どのように点数のやり取りがされるかについて触れます。

(ロンあがりおよびツモあがりについてはこちら

まずはロンあがりですが、これは簡単です。
振り込んだ人があがった人に、そろえた役に応じた点数を
点棒のやり取りでそのまま支払うだけです。

次はツモあがりです。これは親と子でちょっとした違いがあります。
まず、親がツモあがりしたとき
ほかの3人はそれぞれ親がそろえた役に応じた点数を3等分ずつして支払うことになります。
子がツモあがりしたときは
親がその半分を支払い、残りはそのほかの2人が2等分ずつして支払うことになります。
たとえば親が12000点の役をあがったら
ほかの3人は4000点ずつ親に支払うことになります。
子が8000点の役をあがったら
親が4000点、ほかの2人はそれぞれ2000点ずつあがった人に支払うことになります。

ただし、等分した際に10の位以下の点が発生した場合は
切り上げて100点にします。
たとえば、子が1000点の役をツモあがりしたら
まず、親はその半分の500点を、そして子が残りの500点を等分するわけですが
500を2等分すると250ずつになってしまいます。
その場合はそれぞれ切り上げて300ずつにしてしまいます。
よって、この場合は
親が500点、残りの2人はそれぞれ300点ずつあがった人に支払うことになります。
そのようなわけで、本来は1000点をもらうはずの人はこの場合
切り上げによって500+300+300=合計1100点をもらえることになります。
ちょっとお得?

もどります
トップページへ