×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カベ
カベについて

今回はカベについて

カベも相手の安全牌(つまり切ってもロンあがりされない牌)を読むためのものです。
スジと同じように100%のものではないので過信はしないように

カベというものは、まずスジと同様に両面待ちであることが前提です。
そして、麻雀牌が1種類について4枚ずつ使われていることを利用します。

たとえば、誰かがをカンしていたとしましょう。
すると、もうすでにが全部使われていることになるので、
や、といった塔子を
作ることができません。

ということは、をもらってもという順子は作れませんし、
をもらってもという順子は作れません。
つまり、がもうない(カンで4枚使われているため)ので、
を捨ててもロンあがりされない可能性が高いのです。

これがカベの基本原理です。

今回の例はカンについて取り上げましたが、別にカンじゃなくても
自分から4枚見えていればOKです。
たとえば誰かが2枚捨てていて、自分がさらにその牌を2枚持っているとか、それでも同じなのでOK

カベの対応表は以下のようになります。
4枚
見えている
安全牌なしなし

マンズでもソウズでもピンズでも同じです。

くどいですが、100パーセント正確なものではないので、
参考程度にしておきましょう。

もどります
トップページへ